ナーブとは

ナーブ・ケア・クリニックは、脳神経外科を専門としたクリニックです。当クリニックでは、1.5T 超伝導MRI(日立メディコ)を完備しています。ナーブとは英語でNerveと書きます。英語の辞書を引くと“神経”と書かれています。ここでいうナーブ(神経)は末梢神経を意味します。脳神経はニューロと言いますが、「脳神経から末梢神経まで診るお医者さん」としてナーブ・ケア・クリニックとしました。  


院長挨拶

ホームページをご覧頂きありがとうございます。ナーブ・ケア・クリニックは1991年にMRI画像センターとしてスタートしました。横須賀の近隣地域のみなさまへむけて、脳神経外科的領域を中心とした外来診療、脳疾患を中心とした在宅医療を、時代とともに診療所機能を拡充するかたちでご提供して参りました。20206月より当院を石渡祐介前理事長より継承することとなりました。私は横浜市立大学大学院において、神経再生医療の研究を行い、横須賀共済病院をはじめ、神奈川県内で脳神経外科医として主に救急対応、外科治療に従事して参りました。どの仕事場においても使命感に燃え、達成感に浸る毎日でした。いつしか治療成功後の生活に科学的根拠に裏付けされた治療を施すことで患者さんの羅針盤のような存在になりたいと思うようになりました。2016年にこの思いを実現しようと当院へやって参りまして、現在に至ります。地域のホームドクターとして専門分野に限らず、寄り添う心を持ち、耳を傾け、「この先生にずっと診てもらいたい」と思われるよう医療人としての目と技を鍛え続けて参りたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

ナーブ・ケア・クリニックが目指すもの

 「医療人として愛をもって受診者や家族に接し、関わる人全てに安心と幸せを届けることにより、希望をもてる環境、社会を創造すること」を当院の使命として参ります。

・患者さん、ご家族に対し、まず寄り添う、真心と笑顔をもって接する、耳を傾ける

・地域に対し、ともに活動する医療・介護に携わる方々と協調し、迅速で適切な対応をする

・職員一同、お互いに認め合い、協力し合い、安全・安心を届けるため妥協せず、ワンチームでありながら個々の心を強く持ち責任を果たす、発展のために尽力する

・医療従事者として、日頃より医療知識と技術の修得に努める、新しいことに挑戦する

などの行動をもって「いつでもどこでも誰にでも、最高の医療を提供し続ける診療所」となることを目指していきたいと思います。

院長 久保 篤彦


医師紹介

久保 篤彦

ナーブ・ケア・クリニック理事長

日本脳神経外科学会専門医

医学博士

日本神経内視鏡学会技術認定医

日本スポーツ協会公認スポーツドクター

 

西村 敏

ナーブ・ケア・クリニック常勤医

ナーブケア在宅クリニック常勤医

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

医学博士

 

岩田 盾也

ナーブ・ケア・クリニック常勤医

ナーブケア在宅クリニック常勤医

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

日本神経内視鏡学会技術認定医

 



法人概要


クリニックの様子