ニコチン依存症とは

いつでもやめられると思って吸い始めたのに、いつの間にかタバコと離れられなくなる、禁煙に挑戦しても続かない…

これらは、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存性を持つからです。その為、喫煙する習慣の本質は「ニコチン依存症」という治療のひつような病気であるとされています。

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快楽を感じる物質(ドーパミン)が放出されます。ドーパミンが放出されると、喫煙者は快感を味わい、それと同時にもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。その結果、次の1本を吸って再び快感を得てもさらに次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。この状態が、ニコチン依存症(=喫煙習慣)です。

風邪を自分の意志で治せないのと同じように、病気であるニコチン依存症を意志だけで治すことは難しいのです。

 

チャンピックスによる禁煙の流れ

【1回目】初回診察

・保険診療の対象であるかを確認

・チャンピックスの説明と禁煙開始日の決定

 

【2回目】再診(2週後)

・禁煙状況の確認

・CO測定

 

【3回目】再診(4週後)

・禁煙状況の確認

・CO測定

 

【4回目】再診(8週後)

・禁煙状況の確認

・CO測定

 

【5回目】最終診察(12週後)

・禁煙状況の確認

・CO測定

・必要に応じて、さらに延長投与等の対応をします

(この場合自由診療になります)

 

※CO測定することにより喫煙レベルを判定することができます

 

禁煙治療の費用(例)

保険診療の場合、チャンピックスを使用した禁煙治療における患者さんの自己負担額(3割負担)は、下記の表のとおりです。

初回診察から最終診察まで5回の診察費用と管理料、お薬代等の合計負担額です。

ただし、他の疾患の治療と合わせて受ける場合は、負担金が変わることがあります。

※1 チャンピックスのみ処方と仮定した場合です。詳しくは、お問い合わせ下さい。

 

治療にあたって

当クリニックには、禁煙外来もございます。診察は、予約制となっております。禁煙治療に関しても検査等を行いますので予め診察のご予約をお願いいたします。ご希望の方は、受付または診察時に医師にお申し出ください。

診察のご予約は、こちらからどうぞ。